シャドーイングで英語に慣れよう!

ライフスタイル
スポンサーリンク

シャドーイング」という英語勉強方法をご存じですか?

同時通訳者のための訓練方法として知られていましたが、

リスニングやスピーキングの強化などに効果的なことから英語学習にも役立つ勉強方法として注目を集めています。

効果的な英語学習法の一つである「シャドーイング」をご紹介したいと思います。

「シャドーイング」(Shadowing)は、英語を聞きながらそれを真似して発音する訓練法のです。

ポイントは聞き終えてから繰り返す「のではなく聞こえてくる英語のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかける点です。

「聞くこと」「発音すること」を同時に行うことで効果的な英語上達が見込めます。

シャドーイングで期待できる効果

シャドーイングが注目されている理由は、

ネイティブスピーカーならではの「発音」、「リズム」、「音の強弱」、「イントネーション」などを改善し、実践的な英語を身につけること点です。

練習を重ねることで「リスニング力」、「スピーキング力」、「語彙力」の強化にも繋がります。

リスニング力の強化

シャドーイングのポイントは、「聞く英語と全く同じ発音・スピードで」繰り返すことです。

そのためにはとにかく集中して聞く必要があります。

繰り返し練習することで英語のスピードに慣れ、徐々に単語が聞き取れるようになっていきます。

スピーキング力の強化

繰り返し聞いて発音することで、英語のイントネーションやリズム、区切り方などを身につけることができます。

また、スピーキングに対する苦手意識を克服できるだけでなく、スピーキング力の向上に繋がります。

語彙力の強化

英語をそっくり真似するシャドーイングは、声に出しながら練習するので、単語だけを覚えるよりも、多くの単語に触れる機会ができます。

その都度意味を調べていけば、効率的にたくさんの語彙を覚えることができます。

シャドーイングのやり方

リスニング

はじめにテキストを見ずに英語全文を聞きます。話されている内容についてざっくりと把握します。

1回目のシャドーイング

テキストを見ずに、聞いた英語をシャドーイングします。

シャドーイングの音声は録音して、後で確認できるようにします。途中でつまずいても止まらず最後まで進めてください。

録音した音声を確認

自分のシャドーイングの音声を聞いて、出来なかった点を確認します。

英語のリズムやイントネーション、発音などを確認してください。

テキストを確認

テキストを見て、文章全体の内容を把握したり、聞き取れなかったり単語やわからない単語の意味を確認します。

2回目のシャドーイング

テキストを見ずに録音しながら2回目のシャドーイングを行います。

文章の意味や単語を確認した後なので、1回目よりもできているはずです。

慣れてきたら文章の意味にも意識を向けながら、練習を重ねていきましょう。

シャドーイングをするときの注意点

シャドーイングをするときは次の点を注意してください。

しっかり声を出して練習すること

ただ真似をして発音しているだけでは効果は出ません。

スピーキング力を上げるためには、まず伝わる声で話しているかが重要です。大きな声でしっかり声を出して練習しましょう。

練習音声を録音すること

発音できているかなどを確認するためには、自分のシャドーイング練習の声を録音することがおすすめです。

客観的に自分の弱点を確認することでより効率的に勉強できます。

自分に合った教材を使うこと

教材は自分のレベルに合った教材を選んでください。

難しすぎてもまた優しすぎてもだめなので、理解できて興味が持てる内容を選んでください。
いきなり何も見ずにシャドーイングは難しいと感じたら、テキストを先に見る、またはテキストを見ながらシャドーイングをするという方法もあります。
ひとつ良い教材が見つかったら、完全にマスターできるくらいまで何度も練習することも大切です。

シャドーイングには英語学習にとっても多くのメリットがあります。

ぜひ英語学習に取り入れてみてください。