ヘアドライヤーおすすめ7選。ツヤのある美しい髪を実現!

ビューティー
スポンサーリンク

皆さんは髪が濡れたままだと傷みやすいということをご存知でしょうか?髪のダメージを防ぐためにも欠かせないヘアドライヤーですが、風量や機能などが異なるさまざまなモデルがあり最適なドライヤー選びに迷うところ...

そこで今回はドライヤー選びのチェックポイントとおすすめのヘアドライヤーをご紹介します。

ヘアドライヤーの選びのポイント

適切な風量

風量が大きいと早く乾くので、ドライヤーの熱による髪へのダメージを防いでくれます。

速乾性を求めるのであればなるべく風量の大きいモデルを選んだ方がよいですがその分ドライヤーの音も大きくなるので注意が必要です。音が気になる場合は1.3~1.5㎡/分くらいのモデルがおすすめです。

疲れない重さ

髪が長い場合は乾かすのにも時間がかかってしまいますので、重量の軽いモデルがおすすめです。

ヘアドライヤーは大体500~700gくらいのモデルが多いのですが400gほどの軽量なものもあります。ただし小さくて軽いものは風量が弱い場合もあるのでしっかりと確認してください。

マイナスイオンなどヘアケア機能

温風で髪を乾かすドライヤーは少なからず髪にダメージも。マイナスイオンを発生させるタイプのドライヤーは髪に潤いを与えながら乾かしていくので髪へのダメージを軽減してくれます。

毎日使うのでなるべく髪へのダメージを抑えられるマイナスイオン機能付きのモデルがおすすめです。

ヘアドライヤーのおすすめ

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA9B

引用元:amazon.co.jp

パナソニック独自の「ナノイー」とダブルミネラルで髪のキューティクルを密着してしっかりとまとまりある髪に仕上げてくれます。

また効果的に髪を乾かすために設計された速乾ノズルは 「風の強弱差」「風圧」「風温」「風量」にまでこだわったバランスのよい風で、「速く」「美しく」乾かすします。

サロニア スピーディーイオンドライヤー

引用元:amazon.co.jp

大風量2.3㎥/mi分で素早く髪をほぐしながらしっかり乾かしてくれます。マイナスイオンと速乾で髪のダメージを抑えてくれるヘアドライヤーです。

毎日のドライケアに時間をかけたくない方におすすめです。

テスコム Nobby マイナスイオンヘアドライヤー NB3100

引用元:amazon.co.jp

美容室でも使われるサロンモデルのドライヤーです。忙しいサロンワークにふさわしい17m/秒の大風速と1500Wハイパワー。マイナスイオン搭載で髪をサラサラに仕上げます。

ホリスティックキュア ドライヤー CCID-P01B

引用元:amazon.co.jp

ハイパワーな風と遠赤外線の効果で素早く乾かすと同時に潤いと光沢のある髪に仕上げてくれます。また本体は徹底的な軽量化と人間工学に基づいたフォルムで長時間の仕様でも疲れにくいヘアドライヤーです。

シャープ プラズマクラスターヘアドライヤー IB-JP9

引用元:amazon.co.jp

プラズマクラスター搭載のヘアドライヤーです。プラズマクラスターが発生させるにマイナスイオンとプラスイオンの効果で、髪に潤いを与えると同時に静電気を抑えたサラサラな髪に仕上げます。

コイズミ ヘアードライヤー MONSTER KHD-W730

引用元:amazon.co.jp

ダブルファン搭載で2.0㎥/分の大風量を実現し、熱に頼らず風の力で乾かすタイプのドライヤーです。

熱のダメージを軽減すると同時にマイナスイオンが髪を優しくケアしてくれます。

バイオプログラミング レプロナイザー 4D Plus

引用元:amazon.co.jp

独自技術のバイオプログラミング搭載のヘアドライヤーです。温風と冷風を切り替えながら使うことで、パサつきやすい毛先、うねり、広がりなど髪の悩みもツヤのある美しい髪へと仕上げます。

まとめ

髪を乾かすドライヤーですが、各メーカーによってさまざまな仕様のモデルがあり風量や温度も違います。

自分の髪質や目的も考えながら、用途に合ったヘアドライヤーを選んでいただいて 髪のダメージを抑えて、美しい髪をつくりましょう。

ビューティー
スポンサーリンク
recomeeをフォローする
recomee