ビタミンCと美肌の関係性について

ビューティー

ビタミンCといえば肌に良い成分として知られていると思います。

ですがビタミンCが何にどう効くのかは正直よくわからないという人が多いのではないでしょうか?

ここでビタミンCの美容における働きについてまとめてみました。

ビタミンC の主な働き

ビタミンCは肌の真皮細胞の線維芽細胞が活発に働く手助けをしてくれます。

線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出してくれます。

この線維芽細胞の動きが弱まってくると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが上手く作られなくなり、肌にも張りや潤いがなくなって老化が進んでしまいます。

またビタミンCは、強い抗酸化力を持っており、活性酸素によって不飽和脂肪酸が過酸化脂質に酸化されるのを防いでくれます。

細胞の老化を予防するとともに、 脳卒中や動脈硬化や心筋梗塞などの予防を助けてくれたり、発ガン物質ができるのを防ぐ働きなどもあります。

ビタミンCの美肌効果

ビタミンCは、シミやそばかすの原因となるメラニンに対して
メラニンの生成を抑制、メラニンの排出を促す、メラニンを還元する働きを行います。

メラニンの生成を抑制する働きをする成分はほかにもありますが、
メラニンに対して抑制・排出・還元といった働きををするのは、ビタミンCのみだけです。

ビタミンCに高い美白効果があるといわるのはこのためです。

コラーゲンをつくる材料

肌の弾力を支えている成分として知られるコラーゲンですが、実はビタミンCがないとつくりだすことができません。

ビタミンCが不足するとコラーゲンを作り出すことができず、肌の弾力も衰えてしまいます。

細胞を守る抗酸化作用

紫外線を浴びすぎたり、ストレスや不規則な生活をしていると
体中に活性酸素が必要以上にたまっていきます。

活性酸素は体の細胞を守るために作られるのですが、多すぎる活性酸素は肌のコラーゲンや細胞にダメージを与えます。

ビタミンCには細胞に変わり活性酸素に酸化されることで肌のコラーゲンや細胞にダメージを受けることを防いでくれます。

ニキビ予防にも効果あり!?

にきびができてしまう大きな原因は、皮脂が毛穴に詰まってしまうこと。

ビタミンCには皮脂を抑える効果があるので、にきび予防にも効果があります。

ビタミンCが不足すると

ビタミンCが足りなくなってくると疲労を感じやすくなります。

さらに皮膚や粘膜、血管、細胞間の結合が緩み悪化してしまうと毛細血管が脆くなり、歯茎や皮下から出血するといった症状が見られるようになります。

免疫力が低下し、かぜ等になりやすくなります。

また皮膚の張りがなくなったり、切り傷の治りが悪くなったりといった症状が出やすくなります。

まとめ

肌にとってビタミンCは大変有効な成分です。不足すると肌にとって様々なデメリットが生じてしまいます。

毎日のスキンケアにぜひ取り入れていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました