家計簿をつけないお金の管理術!支出を見直す手軽な方法について

ライフスタイル

お金を貯めるためには、家計簿をちゃんとつけながら自分の貯蓄や支出を把握することで、お金の使い方を認識し支出の無駄を把握して見直すことが大切!

ただマメに家計簿をつけるのって意外と大変じゃないですか?

そこで今回は、家計簿が続かない人にでも手軽に家計の管理が続けられる方法をご紹介します。

スマホアプリを使った方法

まずは、スマホアプリを使った方法をご紹介します。

最近ではレシートを撮影するだけで必要な項目を読み取ってくれるアプリなど、簡単に利用できるアプリも増えています。

読み取れない場合は手入力の必要がありますが、かなりの精度でレシートを読み取ってくれます。

スマホでレシートを撮影するだけなら、毎日続けられる方も多いのではないでしょうか。

クレジットカード・電子マネー・決済アプリを利用する方法

クレジット・電子マネー・決済アプリを利用するというのも簡単に出来る方法です。

コンビニやスーパーなど以外でも、最近では使える場所が増えてきています。

対応していない店があったりと現金払いが必要な場面では不自由することも多いのですが比較的使える場所が増えてきています。

現金と切り替えて使う必要はありますが、クレジット・電子マネー・決済アプリは後でまとめて利用明細を確認できるため、楽にお金の使い道を把握することができます。

また最近ではクレジットや銀行口座を登録しておくとその履歴と連携して自動で家計簿を作成してくれるサービスなどもあります。

財布に定額を入れておいてそこから使っていく方法

家計簿をつけるは面倒だがアプリも使いたくない、現金で払いたい、そういった方にお勧めなのが定額を財布に入れておいてそこから支払いをしていく方法です。

この方法だと単純に減った分が使った金額になります。

決めた金額の中でやりくりするだけなら、余計なことを考える必要ありません。最も簡単にできて、効果的な方法です。

ただしこの方法は、決めた財布からの支払いのみで行っていくことで支出を管理する方法なのでクレジットカードなど他の支払い手段を使っては意味がありません。またこの方法だと使った金額は分かっても使い道などの詳細な情報は把握できません。

まとめ

家計簿をつけ続けるは結構な手間になりますし、忙しい時にはどうしても疎かになってしまいます。また一度抜けてしまいますと、そこで続かなくなったりしてしまいます。

ただ無理に家計簿をつけなくても支出を管理する方法はたくさんあります。ぜひ自分に合った方法を選んで、支出を把握するようにしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました