『ドローイング』で手軽にポッコリ下腹をスッキリ解消

ビューティー

ドローイングとは息を 大きく 吸い込んで、お腹をへこませて吐くという手軽にできる運動です。

場所など選ばず、また何かしながらできることから非常に取り組みやすい運動です。

手軽ですが、ポッコリとした下腹をひっこめるのに非常に効果的なこともあり注目の運動法です。

それではドローイングの驚くべき効果についてまとめました。

ドローイングのダイエット効果

腹横筋を鍛えることでウェストが細くなる

ダイエットの為に鍛えると良い筋肉としてインナーマッスルが良くあげられます。

インナーマッスルとは体の深層部にある、骨の近くの筋肉のことです。

このインナーマッスルをしっかり鍛えることで、背骨や骨盤の歪みを直したり、姿勢を正しく出来たり、腰痛が改善されたりとたくさんの効果が期待できます。

また、ぽっこりお腹を引き締める効果が期待できます。

息を 大きく 吸って吐くことによって腹筋運動になるので、ウェストにくびれを作るのに最適です。

代謝アップの期待できる

ドローイングはインナーマッスルを鍛える運動です。

筋肉を鍛えることで基礎代謝のアップが見込めます。

ドローイングのやり方と注意点

ドローイングのやり方

  • 1. 背筋を伸ばして真っ直ぐに立ったら、肩幅くらいに足を広げてください。次にゆっくりと大きく 鼻から 息を吸い込んでいきます。この時にゆっくりとおを膨らませながら息を吸い込んでください。肩は少し後ろに引くように意識してください。
  • 2. ここで一旦息を止めてください。この時に息が漏れてしまわないように集中してください。
  • 3. ゆっくりと息を吐きだしていきます。この時、お腹を引っ込ませて息を押し出すように意識してください。
  • 4. お腹を最大限に引っ込ませたら、引っ込めたままの姿勢を10~30秒キープします。

以上の動作を一日5~10回ほどを目安に行ってください。腹筋と同じでやればやるほど効果が期待できます。

※満腹状態でやらないでください。

※妊娠中の方や出産直後の方は避けてください。

まとめ

ドローイングはお腹周りを引き締めるのに手軽に出来る効果的な運動です。

ですがたまに行ったくらいではあまり効果は感じられないと思います。

できるだけ毎日連続して続けるようにしてください。一般的に筋トレは連続して行わなわず休息日をはさみながら行うのが鉄則ですが、ドローイングは負荷も軽いエクササイズですから気にすることはありません。

毎日続けてもまったく問題ありません運動ですので、ぜひ毎日継続て続けてその効果を実感してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました